国際ロータリー第2550地区
地区ガバナー事務所・所在地図はこちら
地区ガバナー事務所・メールはこちらへ
地区からのおしらせ
ガバナー月信
公式訪問日程
送金カレンダー
定例報告カレンダー
地区内クラブ例会場案内
資料室
書式のダウンロード
地区ロータリー財団委員会
ガバナーエレクト
関連サイトリンク
国際ロータリー第2550地区
Facebook
ロータリー米山記念奨学会学友会
The first four Rotarians
The first four Rotarians


ガバナー RI会長 地区委員会 地区行事 地区クラブ ハイライト米山
ハイライトよねやま

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 254号 ★  2021年5月13日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・軍政続くミャンマーから学友リポート
・被害を受けた家庭へ物資などを提供
・「学友の集い」で米山をアピール!
・寄付金速報 ― 4月単月はやや回復 ―
・『ロータリーの友』で学友の寄稿を連載中!

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
軍政続くミャンマーから学友リポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年2月1日から、毎日の悲しい出来事に、 あぁこれが夢だったら……と考えぬ日はありません。 心が壊れそうになるのを耐え、平和と安全を祈る日々です。

あの日から私たちの生活は一変しました。 今まで毎日やる事がたくさんありましたが、できる事がほんの 僅かに限られ、何をするにも不安がつきまといます。 インターネットは企業用と光ファイバーしか繫がらないので、 多くの市民は外部の情報を得ることができません。 私の教室では、せめて子供たちの教育だけは守りたいと、 オンライン授業を続けていますが、それも困難な状況です。 最低限の買い物や銀行へ行くといった外出すら安全ではありません。

今までたくさんの苦労を乗り越えてきましたが、 今回ほど辛いものはありません。 一番辛いのは全面的に自由がなくなった事です。 自由に話せない、自由に動けない、自由に教育が受けられない、 自由に働けない、自由に人を助ける事ができない、 自由にボランティアができない――。

学友会メンバーとは全員は連絡が取れていませんが、 皆無事だと思います。ただ、最近は有名人、医者、 ボランティア団体などが狙われ、逮捕されたりしています。 集まると目をつけられるため、今ミャンマーでは ロータリークラブの例会や活動、米山学友会活動を行うことが できません。互いの連絡も控えている状況です。

ミャンマーの若者は勇気があり、心優しく、賢い人が多いです。 私はこの国の未来のために、これからもミャンマーで次世代の 若者や子供を育てる仕事を続けて行きたいです。 国内は経済状況が悪化し、支援が必要な国民が増えています。 ミャンマーの平和な日常を皆の力で取り戻し、今後も ロータリーの活動がミャンマーで継続できるよう願っています。 皆様の応援にいつも心から感謝しています。
(匿名希望 2010-11年度米山奨学生より)

その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/content/uploads/summary/highlight254_pdf.pdf

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 253号 ★  2021年4月13日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・オープンマインドで多様性への理解を
・各地区で奨学生オリエンテーションを開催
・寄付金速報 ― コロナ禍のご支援に感謝 ―
・マレーシア米山学友会がZoom総会を開催
・第4代よねやま親善大使の自己紹介動画

【お知らせ】
 タイ米山学友会 総会のご案内

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各地区で奨学生オリエンテーションを開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新しい奨学生を迎える季節になりました。
今年の奨学生オリエンテーションも新型コロナウイルスの状況に 配慮しながらの開催となっています。
人と人との交流が希薄になりがちな時代ですが、米山奨学生が ロータリーの活動に親しみ、末永く交流できる基盤づくりを よろしくお願いいたします。

<第2510地区【北海道】>
大学から在学生へ出された行動指針の基準に沿って、風力計で 換気を確認、CO2濃度も常にチェックするなどホテルの協力 で対策を徹底。300人規模の会場に約70人が参加しました。

<第2770地区【埼玉県】>
会場に集合して開催。今年は確約書の説明と、 奨学生・カウンセラーの顔合わせ、自己紹介をメインとし、 米山記念奨学事業の詳しい説明や、 カウンセラーオリエンテーションは後日Zoomで実施します。

<第2670地区【徳島・香川・愛媛・高知県】>
原則として分区ごとに実施。愛媛分区ではオリエンテーションと カウンセラー研修を個別に実施。奨学生、カウンセラー、 幹事、事務局職員にも出席いただき、奨学生の心得を説明し 奨学金とバッジを贈呈。クラブ側の事務処理についても十分 説明できたことが個別訪問のメリットでした。 他の3分区は集合形式で開催します。

その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/content/uploads/summary/highlight253_pdf.pdf

【お知らせ】

◇タイ米山学友会 総会のご案内

2021年5月15日(土)タイ時間 17:00~(日本時間19:00)
受付として16:30~(日本時間18:30)よりZoom開始
5月8日までにthaiyoneyama@gmail.comへ事前申し込みのこと

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 252号 ★  2021年3月12日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・2021学年度の選考を全地区で実施
・コロナ禍での終了式 ― 各地区の事例 ―
・寄付金速報 ― 依然として厳しい状況 ―
・茨城ロータリーEクラブのご紹介
・未来に羽ばたけ!カウンセラーのメッセージ


【お知らせ】
 マレーシア米山学友会Zoom総会のご案内


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
茨城ロータリーEクラブのご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
米山学友などロータリーファミリーが中心となって2019年5月に 設立された茨城ロータリーEクラブ。現在の会員15人のうち 米山学友は6人で、創立当時から今年度まで会長を務めている のは徐 佳鋭さん(2013-14/水海道RC)です。

創立ガバナーの高橋賢吾氏から、「ロータリークラブはいつでも 作れるものではなく機というものがある。地区の理解、スポンサー クラブの理解、条件を満たす会員数、すべての条件が揃う時は まさにチャンス」と熱心に口説かれ、入会を決意した徐会長。

Eクラブの通常例会は、ホームページに掲載された動画や資料を 各自が1週間のうちに閲覧し、意見を書き込む形式が主流ですが、 同クラブでは会員が参加するLINEグループを作って、普段の連絡は もちろんのこと、資料配布や月に2回開催する例会も、LINEの画面 越しに顔を合わせて行われます。

「ロータリーはやはり、顔を合わせないと例会じゃない気がして……」 と、徐会長は言います。

2019年秋には、台風で大きな被害を受けた水戸市へ軍手と土嚢袋 を寄付、昨年5月には地元の保育園へ消毒液を、茨城県へマスクを 寄贈するなど、着実に活動を重ねています。

その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/content/uploads/summary/highlight252_pdf.pdf

【お知らせ】

◇マレーシア米山学友会Zoom総会のご案内(日本語で開催)

日時:2021年3月20日(土) 日本時間16:00~18:00
   ※マレーシア時間では15:00~17:00
登録期限:2021年3月17日
登録用URL→ https://bit.ly/3cnlWQH ※事前登録制

以上


▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 251号 ★  2021年2月12日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・台湾米山学友会が総会を開催
・上海で米山学友会総会を開催
・寄付金速報 ― 2021年はやや厳しいスタート ―
・米山学友を中心とする衛星クラブが誕生!
・マレーシア学友会がオンライン勉強会

【お知らせ】
「出会いin台湾」の開催見合わせについて

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2021年の年賀状は学友によるデザイン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2570地区(埼玉県)で米山学友を中心とする衛星クラブ、 和光21幸魂(さきたま)ロータリー衛星クラブ(スポンサークラブ: 和光RC)が12月21日付で認証を受け、誕生しました。

衛星クラブとは既存のクラブの中に作られるクラブで、8人の 会員で結成が可能。国内には現在23の衛星クラブがあります。 衛星クラブ会員はスポンサークラブの正会員ですが、独立して 例会を開き、細則や理事会も独自のものとなります。

和光21幸魂ロータリー衛星クラブでは創立会員8人のうち6人が 米山学友で、創立議長は同地区米山学友会会長も務める 周大亮(シュウダイリョウ)さん(2011-13/秩父RC)、 幹事は陳伊涵(チンイハン)さん(2016-18/富士見RC)です。

クラブ名の幸魂は、和光市に掛かる埼玉有数の橋、幸魂大橋に 由来しています。2月13日の初例会は、緊急事態宣言下にある ため小規模で実施予定です。

都内でリラクゼーション事業などを展開する周議長は、新型 コロナウイルスにより苦しい経営を余儀なくされています。 しかしそれでも、「一番大変だった時期に奨学金をいただけた からこそ今の私がある。米山奨学金の醍醐味は、奨学期間が 終わった後もつながり続けることができること。つながる形の 一つとして、ロータリアンになる道もあるということを含め、 後輩たちに自分の背中を見てほしい」と、話します。

その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/content/uploads/summary/highlight251_pdf.pdf

【お知らせ】

◇「出会いin台湾」の開催見合わせについて

台湾国際大会がバーチャル開催となったことに伴い、 2021年6月12日に予定されていた 「出会いin台湾」は開催見合わせとなりました。 今後の開催時期や場所については現在、台湾米山学友会や 他の学友会で検討しています。決まり次第、お知らせします。

以上


▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 250号 ★  2021年1月15日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・2021年の年賀状は学友によるデザイン
・緊急事態宣言の発出を受けて
・内閣府による2回目の立入検査が無事終了
・オンライン交流会で海外学友会からエール
・韓国米山学友会オンライン総会
・寄付金速報 ― 前年度とほぼ同額で推移 ―

【お知らせ】
◇申告用領収証の発送について

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2021年の年賀状は学友によるデザイン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当会では、評議員、理事、地区米山記念奨学委員長、奨学生、 日本在住の学友、他団体などへ毎年約4,700枚の年賀状を 送っています。

今年の年賀状は、画家として活躍する米山学友、張 媛媛さん (2018-19/東京江北RC)によるデザインです。描かれた 「牛頭アマビエ来迎図」は、2021年2月12日~23日まで、 上野の森美術館で開催される張媛媛展でも展示される予定です。

【張媛媛さんより】
丑年ですので、牛の頭を持つアマビエ様に、疫病から皆さまが 守られるよう願いを込めました。鯉は、中国のお正月にしばしば 描かれる縁起物です。2月の個展で原画も見ていただけたら 嬉しいです。2021年が皆さまにとって良い一年になりますように。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
緊急事態宣言の発出を受けて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、政府は1月7日に 埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県を対象に緊急事態宣言を発出 しました。13日にはさらに栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、 大阪府、兵庫県、福岡県にも追加発出し、現在のところ、 11都府県が同宣言下にあります。

今後、対象地域を中心に、昨春同様に例会を休会するクラブが 増えると予想されます。本来、米山奨学生には毎月、世話クラブ の例会出席時に奨学金を支給していただくことになっていますが、 休会等で直接渡すことができない場合は、銀行振込などで柔軟に 対応いただけますようお願いいたします。各世話クラブには、 1月8日にメールにてお知らせしていますので、ご確認ください。

また、当会事務局もテレワーク推進の要請に従って、当面の間、 出勤する人数を最小限とし、原則、在宅勤務体制で業務を行います。 ご不便をおかけしますが、何とぞご理解のほどお願いいたします。

その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/content/uploads/summary/highlight250_pdf.pdf

【お知らせ】

◇申告用領収証の発送について

昨年1年間(1~12月)に特別寄付をしたすべての方、もしくは 普通寄付金の領収証を申請したクラブには、1月末日までに (確定申告に間に合うように)、認定証の写しが付いた申告用 領収証をロータリークラブ宛に送付します。

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 249号 ★  2020年12月14日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・東京米山友愛RCが創立10周年
・次年度地区米山委員長セミナー開催報告
・寄付金速報 ― 年内の送金はお早めに ―
・タイ米山学友会の教育支援活動
・台湾米山学友会総会が開催

【お知らせ】
◇海外学友会総会案内(上海米山学友会)
◇台北国際大会 登録締め切り延長のお知らせ

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京米山友愛RCが創立10周年
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
米山学友を中心に国内で初めて設立されたロータリークラブ、 東京米山友愛RCの創立10周年オンライン記念例会が11月15日に 開催され、事前に登録したロータリアンや米山学友など約200人が 参加しました。

今年4月に式典が予定され、コロナ禍のため延期になっていたもので、 淺田豊久直前ガバナー、福原有一ガバナー、当会齋藤直美理事長 からの祝辞が動画で寄せられました。

当日のハイライトは、同クラブ会員が集まる会場と、モンゴルから ジャンチブ・ガルバドラッハさん、中国から姫軍さんを中継でつなぎ、 関 博子特別代表による進行のもと行われた特別対談。 ジャンチブさんと姫さんからはそれぞれの近況や想いとともに、 両国の学友会設立に尽力した当会の故 板橋敏雄名誉理事長を偲び、 後輩の奨学生・学友に向けたメッセージが述べられました。 また、視聴者からチャットで寄せられた質問に対し、二人が回答 する場面もありました。

現在の会員数は35人、出身国・地域は10にのぼり、福原ガバナーの 言葉によれば、現在もなお「多様性の大切さをわれわれに認識 させてくれる」クラブです。この10年間、ロータリー賞、 ガバナー賞を受賞するなど多くの活動実績がありますが、 スポンサークラブをはじめ日本中のロータリアンから次世代への 思いをつないで欲しいという、期待にあふれたオンライン記念 例会となりました。

その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight249_pdf.pdf

【お知らせ】
◇海外学友会総会案内 上海米山学友会
日時:2021年1月16日(土)15:30~20:30(予定)
会場:静安昆仑大酒店随园厅

◇台北国際大会 登録締め切り延長のお知らせ
来年台北で開催されるロータリー国際大会の、
早期割引料金による登録締切が2021年2月15日まで延長されました。
なお、国際大会に関する最終的な判断は来年1月末ごろとなる予定です。

《その他のお知らせ》

◆申告用領収書は来年1月にお送りします

ロータリー米山記念奨学会へのご寄付は税制優遇を受けることができ、 「税額控除」か「所得控除」いずれか有利な方式を選択できます。 今年1~12月に寄付をした方には、来年1月末までに申告用領収書を クラブ経由でお送りします。12月30日(水)当会着金分までが対象です。

◆年末年始休業のお知らせ

米山記念奨学会事務局は、12月28日(月)~1月5日(火)の間 休業させていただきます。来年は1月6日(水)より通常業務となります。

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 248号 ★  2020年11月13日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・秋の外国人叙勲、米山学友3人が受章!
・2021学年度奨学金申込み状況
・寄付金速報 ― 米山月間のご支援に感謝 ―
・若いパワーで国際奉仕 ― さいたま大空RC ―

【お知らせ】
米山学友による世界大会「出会いin台湾」登録開始:12月1日

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
秋の外国人叙勲、米山学友3人が受章!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
令和2年 秋の外国人叙勲が発表され、下記の3人の米山学友が 受章しました。一度に3人の学友が受章するのは初めてです!

◆旭日中綬章
謝 牧謙(しゃ ぼっけん)さん(1965-67/仙台RC、1989/大洗RC)

現在、輔仁大学跨文化研究所兼任教授、台湾大学・文化大学 日本研究センター諮問委員。
<受章理由> 原子力分野における日本・台湾間の学界・産業界の 交流深化及び相互理解の促進に寄与。

◆旭日双光章
劉 耀祖(りゅう ようそ)さん(1967-69/東京西RC)

池上一郎博士文庫研究学会理事長。
<受章理由> 台湾における対日理解の促進及び友好親善に寄与。

◆旭日双光章
チャンタソン・インタヴォンさん(1983-86/東京銀座RC)

ラオスのこども代表。
<受章理由> 日本・ラオス間の友好親善及び日本の外交官等に 対するラオス語教育に寄与。

各学友からのメッセージなど、記事の詳細や その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight248_pdf.pdf

【お知らせ】
米山学友による世界大会「出会いin台湾」 登録開始:12月1日

日時:2021年6月12日14:30~16:30 or 17:00、
   その後、懇親会が同建物の2階で開催されます
場所:新店矽谷會議センター(Taipei Innovation City Convention Center)
   MRT「大坪林駅」下車、1番出口もしくは4番出口から400mくらい

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 247号 ★  2020年10月12日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・米山月間はなぜ10月?
・米山月間の工夫
・寄付金速報 ― 米山月間にご協力を! ―
・ミャンマーの子どもたちに手洗い習慣を
・地区米山委員長対象Web相談会を開催

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
米山月間はなぜ10月?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国際ロータリー理事会が指定したロータリーの特別月間に加え、 日本独自の月間テーマとして、10月は米山月間となっています。 なぜ、10月なのでしょうか?

1975年8月、米山梅吉翁が逝去した4月28日までの1週間を 「米山週間」とすることが決定しました。ある地区ですでに 行われていた強化活動を全国へ広げ、米山奨学事業を促進する ことが目的でした。しかし1980年度になると、米山週間は 4月から10月1日~7日へと変更されました。

その理由はいくつかあります。一つには「ロータリー雑誌週間」 が1978年度から4月となり、重なってしまったこと。また、4月 では各クラブへ送付される事業報告書などの資料数字が約1年前 のものとなることや、採用されたばかりの奨学生に卓話を依頼 することに無理がある、ストが多い、などの現実的な支障が あったためです。

そして何よりも、東京RCによる米山基金から日本全地区クラブ の共同事業とする決議や合意が行われた地区大会が、いずれも 10月だったこと、これが大きな理由とされています。

1983年からは週間制度が「月間」となり、10月が米山月間として 定着し、今に至っています。

そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight247_pdf.pdf

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 246号 ★  2020年9月14日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・理事会・評議員会の決議事項
・日本に入国できない奨学生のメッセージ
・ナイジェリア大統領からの称賛
・寄付金速報 ― 10月の米山月間に向けて ―
・今年度の米山月間資料はこちら!

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本に入国できない奨学生のメッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新型コロナウイルスの水際対策として日本が行っている外国人の 入国制限措置により、出国したまま4月以降も日本へ戻ってくる ことができない現役奨学生がいます。

こうした奨学生はメールやSNSで世話クラブと連絡を取りながら、 オンラインで例会に参加するなど工夫をしています。母国で 日本へ戻る日を心待ちにしている奨学生たちの声を「奨学生報告書」 から抜粋して紹介します。

「日本の友達が私を忘れたらどうしよう、日本にいる人たちは もう私のことを気にしないだろう、と思った日。カウンセラーから メールが来ました。定期的な連絡はしていましたが、この日の メールは日本へ入国できるようになりそうだという内容でした。

メールを読んだ瞬間、まだ直接会ったことはないが、私が日本に 帰ることを心から待っていてくれる人がいるということに、 感動しました。

ぎこちない新しい日常に慣れていますが、こうも考えます。 新しい日常とは、今までのすべてが変わるわけではないのかも しれないと。人との間にある温かい真心が互いを感動させると いう点では変わらないのだということを」(韓国/東京新宿RC)


記事全文、およびそのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight246_pdf.pdf

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 245号 ★  2020年8月14日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・寄付金速報 ―2020-21年度のスタートは?―
・カンボジアの子どもたちに読書習慣を
・2021学年度奨学生の募集開始

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カンボジアの子どもたちに読書習慣を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2750地区(東京都)米山学友会では今年2月、カンボジアの 子どもたちに本を読む習慣を身に付けてほしいと、ミニ図書館 や文房具、また、サッカーボールなどスポーツ用品を小学校へ 寄贈する奉仕活動を行いました。

首都プノンペンから車で1時間ほど離れた村にあるSdau Kanlaeng 小学校。70年以上の歴史があり、幼稚園生から小学校6年生まで の約900人が通っています。校舎が老朽化し、子どもたちは 午前と午後の二部交替制で学ぶことを余儀なくされています。

2月14日、学友会を代表してカンボジアに向かった陳 瑶直前会長 (2012-14/四日市東RC)は、「コロナのため寄贈式の延期も 考えたが、子どもたちの期待にどうしても応えたかった。 暗いニュースが多いなか、少しでも心が温まる報告ができて嬉しい。 ロータリアンや学友会の皆さんへ子どもたちの笑顔を届けたい」と、 語ってくださいました。

なお、同学友会では同月、中国湖北省の総合病院へ防護服100着と 医療用マスク1,000枚のほか、義援金を届ける活動もしています。

そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight245_pdf.pdf

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 244号 ★  2020年7月13日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・2019-20年度寄付金結果
・事務局長交代のお知らせ
・理事会開催報告
・米山学友中心のクラブが医療支援プロジェクト
・マレーシアの子どもへマスク支援

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019-20年度寄付金結果
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019-20年度の寄付金は約13億3,600万円でした。

新型コロナウイルスの影響により2月から寄付が徐々に減少し 始め、最終的に前年度比5.3%減(普通寄付金:1.3%減、 特別寄付金:7.1%減)、約7,500万円の減少となりました。 2019年度予算は13億7千万円で見積りましたが、予算達成とは なりませんでした。

このような苦しい状況にも関わらず、皆さまからいただいた ご支援に心より御礼申し上げます。今年度も引き続き、 ご支援ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


【個人平均寄付額TOP3】
1 第2590地区:27,190円
2 第2660地区:26,378円
3 第2770地区:25,592円

【個人平均寄付額の前年度比伸び率TOP3】
1 第2630地区:111.5%
2 第2600地区:108.2%
3 第2660地区:105.9%


※記事の続き、およびそのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight244_pdf.pdf

以上

▲ページトップへ   
Copyright(C) 2017 Rotary International District 2550, Tochigi. All Rights Reserved.