国際ロータリー第2550地区
地区ガバナー事務所・所在地図はこちら
地区ガバナー事務所・メールはこちらへ
地区からのおしらせ
ガバナー月信
公式訪問日程
送金カレンダー
定例報告カレンダー
地区内クラブ例会場案内
資料室
書式のダウンロード
地区ロータリー財団委員会
ガバナーエレクト
関連サイトリンク
国際ロータリー第2550地区
ロータリー米山記念奨学会学友会
The first four Rotarians
The first four Rotarians


ガバナー RI会長 地区委員会 地区行事 地区クラブ ハイライト米山
ハイライトよねやま

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 226号 ★  2019年1月15日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・海外応募者対象奨学金申し込み状況
・2019-20年度地区米山記念奨学委員長セミナー開催報告
・寄付金速報 ― 今年もよろしくお願いします ―
・米山学友の柯隆さんが「樫山純三賞」受賞
・タイ米山学友会がローターアクトと合同奉仕活動

<お知らせ>
☆ご寄付の確定申告用領収書について
☆海外学友会総会案内

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
米山学友の柯隆さんが「樫山純三賞」受賞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国マクロ経済研究の第一人者として知られる米山学友の柯隆さん (中国/1992-94/名古屋大須RC)が、著書『中国「強国復権」 の条件―「一帯一路」の大望とリスク―』(慶應義塾大学出版会・ 2018年4月刊行)により、第13回「樫山純三賞」を受賞しました。

この賞は、公益財団法人樫山奨学財団が主催し、国際社会の安定・ 進化にとって重要になってきた現代アジアについて独創的で優れた 図書(学術書/一般書 各1件)を表彰するものです。

柯隆さんは現在、東京財団政策研究所の主席研究員、静岡県立大学 グローバル地域センター特任教授を務めるほか、講演活動、著書・ 論文の執筆活動、メディアへの出演なども数多く、エコノミストと して活躍しています。
栄えある受賞、おめでとうございます!

【柯隆さんからのメッセージ】

昨年、拙著『中国『強国復権』の条件 「一帯一路」の大望と リスク』は第13回樫山純三賞を受賞しました。 謹んでご報告申し上げます。

2018年は、私が来日して30年経つ記念すべき年であり、 そのなかで素晴らしい賞を受賞できたことは、名古屋大学大学院 在学中、ロータリー米山奨学金をいただき、ロータリークラブの 皆様のご支援のお蔭でございます。

今回の受賞は、自分の研究人生の中で一つのマイルストーンの ようなもので、今後の研究に向けて重要な励みとなります。 中国経済、日中関係および米中関係の研究に軸足を置いていますが、 これからの国際情勢を鳥瞰して、ますます不確実性が満ちてくる 可能性が高いと思われます。 ロータリークラブの皆様のご期待を裏切らないように、 これからもっと精進して研究にまい進していきたいと思います。

今後ともご指導ならびにご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

※そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight226_pdf.pdf

┌━─━─━─━─━─★
┃ お 知 ら せ
└━─━─━─━─━─★

☆ご寄付の確定申告用領収書について

昨年1年間(1〜12月)に特別寄付をしたすべての方、もしくは 普通寄付金の領収証を申請したクラブには、1月末日までに (確定申告に間に合うように)、認定証の写しが付いた申告用 領収証をロータリークラブ宛に送付します。

☆海外学友会総会案内

タイ米山学友会総会:2019年2月9日(土)17:00〜21:00
 会場:S31 Sukhumvit Hotel。翌10日親睦ゴルフあり
 申込・問合せは thaiyoneyama@gmail.com
マレーシア米山学友会総会:2019年2月24日(日)14:00〜17:00
 会場:Hotel Royale Chulan Kuala Lumpur
 申込・問合せは yoneyama.malaysia@gmail.com
ミャンマー米山学友会総会:2019年3月3日(日)受付17:30〜、開始18:00
 会場:ヤンゴン市 ロッテホテル(14F)Toh Lim Chinese Restaurant
 会費:ロータリアン60米$、学友40米$
 申込・問合せは myanmargakuyu@gmail.com

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 225号 ★  2018年12月13日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・秋の外国人叙勲で米山学友が受章
・2019年の年賀状を学友がデザイン
・寄付金速報 ― 年内の送金はお早目に ―
・今年も盛り上がりました ― 韓国米山学友会総会 ―
・台湾米山学友会総会 ― 第8代理事長決まる ―

<お知らせ>
☆申告用領収書は来年1月にお送りします
☆年末年始休業のお知らせ

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
秋の外国人叙勲で米山学友が受章
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月3日、平成30年秋の外国人叙勲が発表され、元啓明大学校 副総長・同日本学科名誉教授、元韓国日本協会会長の米山学友、 呂博東(ヨ パクドン)さん(韓国/1978-80/水戸RC)が、 旭日中綬章を受章しました。

筑波大学修士課程在学時に米山奨学生となり、研究に勤しんだ 呂さんは、博士号を取得して帰国。以降、従来の日本語・日本 文学中心の日本研究を超え、歴史・文化、経済、社会など多分野 から総体的に日本を捉える日本学を広め、学会を立ち上げて多く の日本研究者を育てたほか、韓日民間親善交流協会を設立する など、韓国における日本研究の発展と対日理解の促進に多大な 貢献を果たしました。

栄えある受章おめでとうございます!

【呂博東さんからの謝辞】

このたびの受章は、身に余る栄誉であり、今まで巡り合うこと ができた、たくさんの素晴らしい皆様方のご助力と恩恵の賜物 と、感謝に耐えません。
修士課程2年間勉学に励むことのできる奨学金を与えてくださった ロータリー米山記念奨学会と水戸ロータリークラブの皆様ほか、 ここに掲げ挙げることのできないほど多くの皆々様に多大な ご恩を被りましたことを忘れることはできません。 皆々様にこの栄誉をお回ししたいと思います。

※そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight225_pdf.pdf

┌━─━─━─━─━─★
┃ お 知 ら せ
└━─━─━─━─━─★
☆申告用領収書は来年1月にお送りします

ロータリー米山記念奨学会へのご寄付は税制優遇を受けることができ、 「税額控除」か「所得控除」いずれか有利な方式を選択できます。 今年1〜12月に寄付をした方には、来年1月末までに申告用領収書を クラブ経由でお送りします。12月28日(金)当会着金分までが対象です。

☆年末年始休業のお知らせ

米山記念奨学会事務局は、 12月28日(金)〜1月6日(日)の間、休業させていただきます。 来年は1月7日(月)より通常業務となります。

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 224号 ★  2018年11月13日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・2019学年度奨学金申し込み状況
・大学とロータリーとの交流を ― 第2580地区 ―
・寄付金速報 ― 米山月間のご支援に感謝いたします ―
・ホームカミングで来日!学友が地区大会スピーチ
・田中作次奨学金 ― ミャンマー米山学友会 ―

<お知らせ>
【もうすぐ締切】普通寄付金 申告用領収書の申請は11月末まで!

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
田中作次奨学金 ― ミャンマー米山学友会 ―
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ミャンマー米山学友会では、元国際ロータリー会長の田中作次氏 からの寄付金を基金とし、「田中作次奨学金」を設立して、 日本語を学ぶミャンマーの貧しい学生へ奨学支援をしています。

10月14日、2年目となる同奨学金の贈呈式がKyoshin JETC 日本語学校で行われ、今年は4つの日本語学校で学ぶ学生 15人に、1人20万チャット(約14,500円)が授与されました。

第1期生の中には、実習生として、また介護福祉士を目指して 来日したり、学友が経営する日本語学校で働くなど 日本に関わる夢に向かって進んでいるとのことです。

※そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight224_pdf.pdf

┌━─━─━─━─━─★
┃ お 知 ら せ
└━─━─━─━─━─★

【もうすぐ締切】普通寄付金 申告用領収書の申請は11月末まで!

普通寄付金分の確定申告用領収証の申請期限は11月30日です。 当会ホームページの下記ページより、お手続きください。
http://www.rotary-yoneyama.or.jp/contribution/f-upload

特別寄付金については来年1月下旬にクラブ経由で送付しますので申請不要です

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 223号 ★  2018年10月12日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・台湾米山学友会から災害義援金が届きました
・よねやま親善大使の紹介DVDが完成
・寄付金速報 ― 米山月間へのご協力をお願いします ―
・「紺綬褒章」の公益団体認定を受けました
・4年目を迎えた山の小学校支援 ― 上海 ―
・交流を通じて深める“実感と理解” ― 第2590地区 ―

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
台湾米山学友会から災害義援金が届きました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月上旬、日本列島は台風21号と北海道胆振東部地震に相次いで 見舞われ、各被災地のインフラは大きな打撃を受けました。

台湾米山学友会では9月8日の役員会にて、全会一致で募金活動 を決定。約3週間で28万6,500元(約105万円)を集めました。 この義援金は、当会を経由して、第2660地区と第2510地区に 送られる予定です。

同学友会の呉憲璋理事長は「今回の台風と地震による被害に我々 は皆、大変驚き、直ちに募金を開始しました。台湾米山会一同、 一日も早い被災地の再建と復興を心より祈っております」との メッセージを寄せてくれました。

※そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight223_pdf.pdf

<お知らせ>

◆海外米山学友会総会のご案内

【韓国】2018年11月17日(土)17:00〜
 会場:ソウルパシフィックホテル2階 南山ホール
 申込:yoneyama@hanmail.net へ(締切:10月31日)

【台湾】2018年12月1日(土)受付14:30〜
(総会15:00〜、懇親会18:00〜)
 会場:サンライズゴルフクラブ(桃園揚昇高爾夫球場)
 申込:rotary_yoneyama@yahoo.com.tw へ

【その他 日程確定分】
・マレーシア:2019年2月24日(日)
・ミャンマー:2019年3月3日(日)

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 222号 ★  2018年9月13日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・理事会・評議員会報告 ― 役員改選で新理事長就任 ―
・GETSでよねやま親善大使がスピーチ
・寄付金速報 ― 10月の米山月間に向けて ―
・2地区協同で一級河川の清掃活動
・台湾学友会による日本人への奨学金が10年目

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
理事会・評議員会報告 ― 役員改選で新理事長就任 ―
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下記の通り、理事会および定時評議員会を開催しました。

●第二十回理事会:8月21日開催
(主な議題等の詳細は、ハイライト本文をご覧ください)

●第九回評議員会:9月6日開催
(主な議題等の詳細は、ハイライト本文をご覧ください)

理事会および評議員会の前には、直前RI理事としてご列席の 斎藤直美氏から「米山記念奨学会の意義」について、また、 (公財)米山梅吉記念館理事長であり、当会評議員である 積惟貞氏から「米山梅吉記念館創立50周年記念事業」について のお話をいただきました。

各会議終了後には、それぞれ退任される理事、評議員への 感謝状贈呈を行いました。また、両会議において、任期満了で 理事長を退く小沢一彦氏から最後のごあいさつを頂きました。 評議員会終了後のセレモニーでは、斎藤直美氏から小沢一彦氏 に感謝状が贈呈されました。

●第二十一回理事会
評議員会での理事選任を受けて、決議の省略による理事会 (書面決議)を開催し、次の通り役員が選定されました。

理 事 長 : 斎藤直美氏(2760)
副理事長 : 塙 東男氏(2820) 若林紀男氏(2660)
常務理事 : 武田和夫氏(2800) 山崎淳一氏(2830)
        水野 功氏(2750) 滝澤功治氏(2680)
名誉理事長: 小沢一彦氏(2780)

※そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight222_pdf.pdf

<お知らせ>

◆まもなく最新の米山月間資料が届きます!

10月は米山月間です。最新の米山月間用資料を全ロータリークラブ へお届けします(9月19日頃発送、20日〜26日頃までに到着予定)。 クラブ会長およびクラブ米山奨学委員長は必ずお目通しください。

ガバナー事務所、地区事務所およびガバナー、ガバナーエレクト、 評議員、理事、専門委員、地区米山奨学委員長・委員の皆さまにも お送りします。

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 221号 ★  2018年8月14日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・2019年4月採用米山奨学生の募集を開始
・寄付金速報 ― 2018-19年度も好調にスタート ―
・日台インターアクト交流、米山学友が懸け橋に
・モンゴル米山学友会から西日本豪雨被災地への義援金
・ウイグル出身の米山学友らが西日本豪雨被災地へ

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
モンゴル米山学友会から西日本豪雨被災地への義援金
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「平成30年7月豪雨」は、西日本各地に甚大な被害をもたらし ました。このニュースに心を痛めたモンゴル米山学友会では、 3月に就任したばかりのオイドブ・バトゲレル会長(2005-07/ 前橋RC)が中心となり、会員に義援金を呼び掛けました。

7月20日、同学友会を代表して、創立会長のジャンチブ・ ガルバドラッハさんと第3代よねやま親善大使のエンフボルド・ ボロルトヤさんが当会事務局を訪問。今なお避難生活を送る 被災者や復興のために尽力する方々を気遣い、「被災された 皆さまのために少しでも役立てていただけたら」との気持ちを 綴ったお見舞いの手紙と共に、モンゴル学友36人からの義援金 14万9,050円を届けてくれました。

義援金は全額、第2710地区(広島県・山口県)に送金しました。

※そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight221_pdf.pdf

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 220号 ★  2018年7月12日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・寄付金速報 ― 2017-18年度寄付金は14億円超 ―
・第2回地区米山奨学委員長セミナーを開催
・ベトナムの学友グループの奉仕活動
・梅吉翁の朗読劇を披露 ― 東京米山学友会 ―
・今年の総会も大盛会! ― 関西米山学友会 ―

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
寄付金速報 ― 2017-18年度寄付金は14億円超 ―
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017-18年度の寄付金は約14億3,400万円でした。前年度と比べて 4.4%増(普通寄付金0.6%増、特別寄付金6.2%増)、約6千万円 の増加となりました。当財団設立50周年を記念しての個人・法人 寄付等が多かったこともあり、予算額13億5,000万円を無事達成 することができました。

ご寄付をいただきました皆様のご尽力に深く感謝申し上げます。 新年度も引き続きご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い 申し上げます。

【個人平均寄付額TOP3】
1 第2590地区:31,193円
2 第2660地区:26,424円
3 第2770地区:26,079円

【個人平均寄付額の前年度比伸び率TOP3】
1 第2550地区:135.4%
2 第2840地区:116.1%
3 第2630地区:114.8%

※そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight220_pdf.pdf

┌━─━─━─━─━─★
┃ お 知 ら せ
└━─━─━─━─━─★

☆式典報告書と記録DVDのご案内

前号でご案内しました、2月4日開催の当会財団設立50周年記念式典の 報告書・記録DVDが完成しました。

報告書は、下記リンクよりダウンロードしてご覧いただけます(pdf)

http://www.rotary-yoneyama.or.jp/content/uploads/50th/HP_sikitenhoukoku.pdf

※Web版は、登録者リスト(p48-55)は除いています

なお、報告書(印刷版)・記録DVD(66分)はご希望の方にお送りできます。 いずれも在庫に限りがございますので、恐縮ですが、お一人様につき各1部 まででお願いいたします。
ご希望の方は、下記担当までご連絡ください。

以上

▲ページトップへ   

………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 219号 ★  2018年6月13日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・よねやま親善大使 退任式・任命式
・理事会開催報告 ― 2019学年度採用数は850人に ―
・寄付金速報 ― 今年度の送金はお早目に ―
・おかえりなさい!帰国学友歓迎会 ― 韓国米山学友会 ―
・50周年記念式典報告書・記録DVDがまもなく完成

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
よねやま親善大使 退任式・任命式
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月4日理事会終了後、第3代よねやま親善大使の任命式が行われ、 全国各地区の理事が見守るなか、小沢理事長から委嘱状と タスキが手渡されました。

また、この6月末で退任となる第2代よねやま親善大使の3人に、 感謝の盾が贈られました。第2代親善大使の3人には任期を1年 延長して3年間、精力的に活動していただき、心より感謝申し 上げます。

また、理事会前日の3日には、第3代よねやま親善大使オリエン テーションを開催。広報委員会委員長の宇佐見 透氏を講師に 迎え、親善大使の役割や心構えを学んでいただいたほか、現 親善大使から先輩としての体験談を話していただきました。

7月からは、第3代よねやま親善大使の3人が活動を開始します。 地区の米山関連行事などに、ぜひお呼びください。招へいの ご相談は、まずは米山奨学会事務局広報担当(峯・野津)まで。 どうぞよろしくお願いいたします。

※そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight219_pdf.pdf

以上

▲ページトップへ   
Copyright(C) 2017 Rotary International District 2550, Tochigi. All Rights Reserved.